まずは外国法人税を学ぶ

法人に対しては、法人税というものが課せられることになります。
この税金は、消費税や酒税などのように購入する段階で支払われているものではありません。
また、業績が黒字であっても赤字であっても支払わなければならないものです。

 

この税ですが、外国税額控除というものがあります。
これは、外国で納税したものを控除するという制度になります。
国際的な二重課税を排除するために設けられている制度となっています。
この控除の対象となる税金のことを外国法人税と言います。

 

この税金には範囲が設けられており、この範囲の中の税金に関しては、控除の対象となっています。
この税ですが、一般的に日本国内のみで活動している法人に関しては、そこまで重要視されていません。
むしろ国際取引などが多い法人、外国で所得が発生するような法人に関しては、この控除は非常に重要になってきますので、この税金も気にする必要があります。

 

外税の控除の対象となりえるのは、例えば、海外の投資などによって得られる利子や配当に関しては、その使用料などに関して外国で課せられる源泉所得税などです。

 

外国法人税の外国税額控除には、大きく直接外国税額控除と間接外国税額控除の二つに分けられます。
こういった制度が作られているのは、日本の法人が国内で得た利益に関しては当然税金がかかるのですが、外国で得た利益に関しても税金がかかるようになっています。

 

そして、外国で得た所得に関してはその源泉地の国が課税を行うことも国際的に認められているからです。

法律を理解する事が大事

日本にもさまざまな法律があり、行政法、民法、刑法、憲法などあります。おそらくある程度把握している人は少ないと思います。しかし、私たちの生活の中では法律を理解しているのと理解していないとでは大きく差が出てきます。
例えば、自分が知らなかったけど、実は法律に触れていたら賠償金、罰則などを受けなければならず、法律を知らないという理由はもちろん通らないです。
離婚においても民法をしっかり知っていれば自分が得をする可能性もあります。このように法律を知っていなければ損をする事も意外に多く、時には取り返しがつかない事もあります。
つまり法律は知っている人に有利な状況を与えると言う事にもなります。よく法律は弱い人を守るという認識をしていると思いますが、実はそうではなくて、法律をしっかりと理解している人の手助けになるという事を理解しておかないといけないです。