色々な税金の種類とその複雑さ : 税金体系のお勉強記事一覧

所得税は国民の義務である : 税金体系のお勉強

所得税というものは一定の収入があるという人は絶対に払っていかなくてはならないとても大切なものであります。サラリーマンの場合であればお給料を貰うときにすでに税金が引かれている源泉徴収方式の為、税金を払っているという感覚があまりないという方が多いのではないかと思います。こうした税金というものは国というシ...

≫続きを読む

消費税について : 税金体系のお勉強

最近の野田民主党政権の消費税増税への積極的な取組は墳飯ものですね。だれに断りを得たのか「不退転の決意で望む」そうです。先の選挙での選挙公約、マニュフェストとまったく違うことを批准しようとしています。驚くというかあきれてしまうのは大手マスコミの発表する世論調査では常に3割強の人が増税に賛成していること...

≫続きを読む

国の財源としての税収 : 税金体系のお勉強

国の財源として税の収入は大部分を占めているので、赤字続きの日本の財政はこの税収をなんとか増やそうとしています。しかし、税金ほど何か根拠があって税率や課税対象が決まるわけでもなく何かと税率を上げようとしたり、いろいろなものを課税対象にしようとしたりしようとしています。酒税やタバコ税は上がり続け、自動車...

≫続きを読む

日本の関税は素晴らしい : 税金体系のお勉強

日本の関税はすばらしく良く出来ているものです。古来からあるめずらしい輸入品に対しての課税もさることながら、国内の生産物に対して保護する目的で活用されている税でもあります。元々、日本は輸出国として外貨を稼いでいますが一部を除き原料を輸出している訳ではなく、原料を輸入し加工品を輸出するわけですから、当然...

≫続きを読む

タバコ税はとても大きな税収 : 税金体系のお勉強

タバコというものは最近とても肩身の狭いものになっています。タバコの害というものが広く宣伝されていくようになり、多くの人がタバコに嫌悪感を感じているということが現在のような分煙社会を作ったものであると思います。こうしたことはタバコの煙、特に副流煙というタバコの先から出ている煙がとても体に悪いということ...

≫続きを読む

以前勤務していた会社で経理をしていた時の経験 : 税金体系のお勉強

以前、バブリーな時代に、経理事務として勤務していました。時はバルブ絶頂期です。なんにもしなくても、仕事が舞い込んでくるような時代です。もちろん、利益はがっぽり。しかし、そうなってくると税金対策に奮闘しなければなりません。3月が決算でしたので、1月くらいにどれだけ今季は黒字になるか予想をたてます。株主...

≫続きを読む

コストに気をつけたい海外投資 : 税金体系のお勉強

最近は、ネット証券からでも海外の株や債権などに投資できる環境になってきました。気をつけたいのは、コストです。手数料などのコストが意外と高いのです。たとえば、為替手数料や信託報酬などのコストがかかり、短期投資では、あまりうまみのない投資になるケースがあります。海外投資では、海外の情報も入りにくにのもネ...

≫続きを読む