国の財源にあたる税収について学ぼう

国の財源として税の収入は大部分を占めているので、赤字続きの日本の財政はこの税収をなんとか増やそうとしています。しかし、税金ほど何か根拠があって税率や課税対象が決まるわけでもなく何かと税率を上げようとしたり、いろいろなものを課税対象にしようとしたりしようとしています。

 

酒税やタバコ税は上がり続け、自動車などは自動車税を課しておきながらわざわざ減税期間などを設定したり、いったい何をやっているのか分からない状態です。所得税と住民税の関係も所得税を下げたので住民税を上げ、収入の少ない人には軽減されたとしていましたが、退職した人にとっては住民税だけが上がり、全く不公平感が残るような状態でした。

 

それでも多くの人は日本の財政が赤字続きで国債ばかりを発行して将来返せる見込みのないままだととんでもないという認識があり、ある程度の増税はしかたないものとして考えています。

 

消費税にしても海外との比較でまだまだ低いというのも目安にはなっても決定的な増税の根拠にはなりません。財政が赤字だとマスコミを通して政府が言っていますがどこまで本当のところかどれぐらい危機的なのかはっきりせずに信用できない状態ではないでしょうか。国の財源としての税収入ですが妥当なものであってほしいと思います。

 

投資のお勉強と外国為替の取引をするならバイナリーオプションが一番ぴったりでしょう。