タバコ税って国にとってどれくらいの税収になるのか?

タバコというものは最近とても肩身の狭いものになっています。タバコの害というものが広く宣伝されていくようになり、多くの人がタバコに嫌悪感を感じているということが現在のような分煙社会を作ったものであると思います。

 

こうしたことはタバコの煙、特に副流煙というタバコの先から出ている煙がとても体に悪いということからタバコを吸わない人からとても強い批判が出ているものであります。タバコというものは確かに体に悪いものであり、吸ってない人にも害があるものだと思います。

 

こうしたことはタバコの値上がりということにも無関係なものではないのではないかと思います。

 

タバコというものはとても大きな税収であり、こうしたタバコの税収というものに多くの人が頼っているということも事実であります。タバコを値上げしていくことにより、確実にタバコの消費量というものは少なくなっていくものでありますが、税収自体は少なくなることはなく、かえって多いものなるそうです。

 

タバコを吸っているという人にとってはいきなりやめるということはとても難しいことであり、値上げに素直に従うしかないのかもしれません。タバコの税収は多くのことに利用されているものだと思います。